ホーム > 詳細ページ

誰が復興を阻んだか
大下英治〔著〕 悟空出版
1800円+税
2015年2月6日発行

 3.11の東日本大震災発生から4年が経つが、今もなお、被災地の復興は進まず、多くの人々が避難生活を余儀なくされている。地元自治体の首長や地元選出の国会議員は被災直後から懸命の努力を重ねた。また、日本国民の多くが支援のために寄付をし、増税も受け入れた。だが、再生への努力は無策な政府と硬直化した官僚組織にことごとく阻まれていった。その現実を、大下英治氏が緻密に取材をもとに明らかにする。




ご購入はこちら
Amazon.co.jp