ホーム > 詳細ページ

虐待の淵を生き抜いて
島田妙子〔著〕 毎日新聞出版
1500円+税
2016年2月25日発行

「虐待の連鎖」は止められる!  
実の父と継母から激しい虐待を受け、死の直前の状態を経験した著者が、なぜ虐待が起きてしまうのかを伝え、その連鎖を止めるにはどうしたらいいのかを訴える。
生まれたときから極悪な赤ちゃんなんていない。「虐待したらアカン」ことは誰でもわかっている。でもどうしてもそれをやめられない人がいる。
毎年、過去最多件数を更新する日本の児童虐待。「誰でも絶対やり直せる!」という信念のもと、加害者の心に寄り添う著者の愛と希望の言葉――。
自分の身に起こったことを否定しても何も変わらない。
だからすべてを肯定して生きてきました。戻れないきのうまでのことはもういいから、今日から幸せになっていこう。



ご購入はこちら
Amazon.co.jp