ホーム > 詳細ページ
人はかならず、やり直せる
進藤龍也〔著〕  中経出版
1300円+税
2010年1月20日発行

 18歳でやくざになった。東京・池袋を本拠地に、人を脅して金を取り、苦しめてきた。覚せい剤の売人として、相手も自分もボロボロになった。まるでやくざ映画のような毎日。そんな日々から私を救い出してくれたのは、一冊の聖書だった。「いつでも、誰でも、どこででも」人はかならず、やり直せる。前科7犯のやくざが、牧師になるまでの半生記。「こんな罪人も救われたのだ。ならば、私も救われるはずだ」ーーあなたにもそう感じてほしい。



ご購入はこちら
Amazon.co.jp