ホーム > 詳細ページ
子どもは「しつけ」で9割変わる
川嶋 優〔著〕 三笠書房 知的生きかた文庫
571円+税
2010年8月10日発行

 教育を語るとき、「自主性」「価値観」「個性」を連発していませんか? これらの意味を考えたことがありますか? 本書では最近の教育で流行のように使われるこれらの言葉の意味を、改めて考えてみるきっかけを与えてくれます。「本当に子どもにとってよいこと」は何でしょうか? それは「厳しいしつけ」であり、教え導いてくれ、頼りにできる親の存在です。親が自信をもってしつけをすることの大切さがわかる本となっています。



ご購入はこちら
Amazon.co.jp